カテゴリー
インスタ すべて読む

インスタ(5/8+5/9+5/10)+おまけ動画

✳️コメント欄について

*メルアドやホームページを入力する項目がありますが、必須事項ではないです。個人情報なのでメールアドレスは入力しないでください。

*YOUTUBEやインスタでコメントいただいてる方、ユーザー名はできれば同じ名前にしていただけると、どなたなのかが分かりやすいのでありがたいです。

よろしくお願いします💕🌸🐎

___________

 

この投稿をInstagramで見る

 

はるまつ(@harumatsu405)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

はるまつ(@harumatsu405)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

はるまつ(@harumatsu405)がシェアした投稿

 

雑誌のスクショ&媒体名は、インスタやってない方はメールでも大丈夫です。もしよかったらご協力お願いします🙇‍♀️

 

ちなみに手を叩いて喜んでる春馬くん

 

 

嬉しさがこっちにまで伝わってきますよね💕🌸🐎

 

✳️引き続き春馬辞典もご協力お願いします。

(日本製の素敵な言葉を大募集中!)

 

楽天市場

アマゾン

 

ホームに戻る

 

 

 

「インスタ(5/8+5/9+5/10)+おまけ動画」への11件の返信

こんばんは⭐
はるまつさま、体調大分戻られて良かったですね。
2022年のGWある意味忘れられませんね😅
私もですが…💦
只今リモート中の家族の皆様にお詫び🙏

春馬くんが日本製で旅した倉敷のデニム。風情ある町並みが現れた瞬間の春馬くんの喜び伝わってきますね💕
「せかほし」と「日本製」が「布」を題材として繋がった瞬間でした✨
俳優のお仕事も日本製の旅も、自分がアクション起こしたことがきっかけとなり、何かに繋がって、そこで誰かの役に立てたなら…社会貢献できたなら…それが春馬くんにとって一番の「やりがい」。
やっぱりどこまでも利他の心。でも、それだけでなく、それが春馬くんの幸せ。
素敵ですね💕
俳優として数々の役を演じた春馬くんも、こうして一人の人として道を切り開いてきた春馬くんも愛おしくて、ちょっと涙が出てきてしまいます。
はるまつさまもきっと今のお仕事に同じように感じていらっしゃるのですね🤗
頑張ってくださいね!
応援しています💕
私は皆さんの日本製の旅や春馬くんの本を読んで、色々なことに興味を持ち、想像し、時にお取り寄せさせていただいて、幸せを噛みしめています🤗
そして現実をも頑張る!
春馬くんが繋げてくれた奇跡にありがとう💖

は〜この涙は春馬脳復活の証🤣

こんばんは😃🌃残念ながら私のスマホでは春馬くんの手を叩いて喜んでいるいる姿見られませんが名言で感動してます 若くしてこんなに多くのひとを巻き込む魅力満載の春馬くん  影響受けた私 少なからずこれから後の生き方変わると思います

RS様、こんばんは✨もしかして、スマホを横長に見れば、春馬くんのワイプ、見られます❣️(*^^*)

はるまつ様、おまけ動画見せて下さって、ありがとうございます💞反応よく拍手して、小さい声で「行ったことある…」一生懸命見て、感じいいですね💖😊💕

himaさま アドバイスありがとうございます
試してみましたがダメでした
スマホ古いせいか 容量いっぱいなのかまったくわかりませんが…
また明日試してみます ありがとうございます😊

遅くなってすみません。自分の携帯から見てみたら、ちょっと見にくかったですね(^◇^;)
短かい秒数だったおかげで無事アップできたので、動画から引っ張ってきました。
これでみられると思います。(本当短くてごめんなさーい🙏)

はるやまつさん‼💕お忙しいのにありがとうございます‼やっと見ることが出来たので何倍もテンション上がってます❗本当にありがとうございます❤

興奮しすぎてはるやまつさんになってしまいました🙇ごめんなさい
はるまつさん✨

興奮しすぎてはるやまつさんになってしまいました🙇ごめんなさい
はるまつさん✨

「はるやまつ」良き響きなりデスネ 古文にあった言い回し?みたいで
何か雅やか
横からスイマッセン

はるまつさま 
 春馬クンの言葉、たくさんありがとうございます。毎回、彼の声が頭の中で流れるようにして、味わっています。
 自身の母を「お母さん」と呼んでいた10代の春馬クンの映像や記事。
彼の優しさの原点は、幼少期、母に深く愛されたことだと信じています。
可愛がられて育ったから、あんなに可愛いのです。ずっと行方が分からなかった愛犬コムギちゃんが、今、お母さんの元で幸福に暮らしていると知り、色々な意味で安堵しました。欲しかったジャックラッセルテリアの赤ちゃんを買いに行ったのに、売れ残っていた子を見てしまって、その子を連れて帰ったのでしたね。春馬クンらしいエピソードです。
 「大好きだよ」「ありがとう」と語りかける日々が続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。